ライザップのEYE JUST(アイジャスト)とブルーベリーアイの違いって何?

サクサク
こんにちわ、視力0.01以下の超ど近眼男サクサクです。

ライザップの健康コーポレーションがピントにコミットするために作った「EYE JUST(アイジャスト)」と、わかさ生活の人気サプリ「ブルーベリーアイ」

視力の低下が気になったり、これ以上視力が落ちるのを防ぎたい!という方にとっては、「どっちがどう違うのか」気になりますよね。

そこで今回は、EYE JUST(アイジャスト)とブルーベリーアイの違いについて紹介していきたいと思います。

ブルーベリーアイ(デラックス)の特徴

一度聞いたら忘れられない歌とインパクトのあるキャラで有名な「ブルーベリーアイ」ですが、実は2014年の改良から「ブルーベリーアイデラックス」へと名称を変更しています。

その一番の改良点は「賦形剤」と呼ばれる添加物を使わないようにしたこと。

「体に良いものだけを使っている」というのが、ブルーベリーアイ最大の特徴になっているんです。

ブルーベリーアイの特徴

また、ブルーベリーアイはその主力成分に、北欧産野生種のブルーベリー「ビルベリー」を使用しています。

ビルベリーは実に15種類ものアントシアニンを含んでいて、その量は一般的なブルーベリーの約5倍!

・・・と、これだけ聞くとめっちゃ効きそうに思うかもしれませんが、ブルーベリーアイに含まれているビルベリーエキスは100㎎で、アントシアニンの含有量は36㎎と、いたって普通なのが残念なところ。

ただし、ブルーベリーアイにはビルベリーだけでなく、「ルテイン」や「カシス」、「乳酸菌」や「ヒアルロン酸」など、たくさんの健康成分がバランスよく含まれているので、目の健康をトータル的に考えたい方には打ってつけのサプリとなっています。

EYE JUST(アイジャスト)の特徴

アイジャストはライザップを運営する「健康コーポレーション」が作った、眼のピント調節機能を助けてパソコン作業などによる疲労感を軽減するためのサプリです。

その特徴は何と言っても「アスタキサンチン」という眼のピント調節機能を助ける成分が6㎎も入っていること!

アスタキサンチンは科学的根拠を元に効果が実証された「機能性関与成分」で、毛様体の血流を促進して炎症を抑えることで毛様体の機能を回復し、目のピント調節機能を助ける働きが実証されています。

アイジャストのピント調節機能

MEMO

アスタキサンチンとは魚介類に豊富に含まれる天然の色素で、カロテノイドの一種。
強い抗酸化力が特徴ですが、体内で作り出すことが出来ません。

その抗酸化力は非常に高く、トマトに含まれるリコピンの約1.6倍。ルテインの2.6倍となっています。

アスタキサンチンの抗酸化力

話題の成分ではありますが、食事から摂取するのが難しい成分でもあります。

なぜ抗酸化力が重要なのかというと、抗酸化作用を高めると「ブルーライトによって発生する活性酸素を抑え、網膜や黄斑部のダメージを軽減する効果をもつ」ことが、最近の研究で分かってきたからなんです。

主力成分を比較

アイジャストとブルーベリーアイの主力成分を比較してみましょう。

ブルーベリーアイに含まれている主力成分

  • ビルベリーエキス(100㎎)
  • マリーゴールド
    ⇒加齢とともに減少してしまう成分。通称ルテイン。
  • サンタベリー
    ⇒美容成分として有名
  • カシス
    ⇒特有のアントシアニンを含んでいる。
  • アスタキサンチン
    ⇒ブルーベリーアイにも含まれているのですが、含有量は不明
  • 乳酸菌
  • ヒアルロン酸
  • DHA

1つ不思議なのが、ブルーベリーアイはビルベリーエキス以外の含有量が非公開なんですよね。

商品に自信があるのなら公開しないのはデメリット以外の何物でもないと思うのですが・・・。
せめて主力成分だけでも提示して欲しいところです。

ただ、最主力成分であるビルベリーエキスの含有量が100㎎と普通レベルであることを考えると、その他の成分はもっと少なめなのではないかと考えられます。

アイジャストに含まれている主力成分

  • アスタキサンチン(6㎎)
    ⇒目のピント調整機能を助ける
  • クロセチン(7.5㎎)
    ⇒クチナシ由来の黄色の色素。目のショボショボ感やゴロゴロ感を緩和する働きがあります。
  • DHA(約30㎎)
    ⇒マグロやカツオ由来の多価不飽和脂肪酸。体のコンディションをサポートします。

主力成分はブルーベリーアイと比べて極端に少ないですが、眼精疲労に効く成分を厳選して組み合わせることで、効果を集中させているといった感じです。

アイジャストとブルーベリーアイがおすすめなのはこんな方

視力の低下は目の疲れが慢性的に一定ラインを越えることで起こるといわれています。

パソコン作業やスマホ閲覧、長時間の読書などで近場ばかりを見ているとピントがボヤけて見づらくなり、更にそのまま作業を続けてしまうと視力が落ちていく・・・というわけですね。

配合成分などを考えると、ブルーベリーアイは眼精疲労の回復というよりも健康維持のためのサプリといった意味合いが強く、逆にアイジャストはピント調節機能やブルーライトによるダメージの軽減など、視力の維持や眼精疲労の回復などに特化しているのが特徴です。

注意
ちなみに、ブルーベリーやビルベリーには「視力回復の医学的根拠は認められていない」のでご注意を。

そのため・・・

  • 眼精疲労がそれ程ひどくない。
  • 健康維持のサプリ効果もほしい。

という方にはブルーベリーアイ

  • 眼精疲労が酷い・・・。
  • 視力をこれ以上落としたくない。
  • 夜勤中心の生活で慢性的に目が疲れ気味。

という方はEYE JUST(アイジャスト)

が向いていると思います。

アイジャストとブルーベリーアイの料金の違い

ブルーベリーアイ

  • 2週間分(15粒)880円
  • 1か月分(31粒)1,880円
  • 定期お届け1,692円(10%OFF)

公式サイト:https://shop.wakasa.jp/

アイジャスト

  • 初回購入価格1,980円
  • 定期コース2回目以降4,950円(10%OFF)
    ※3回以上の継続が必要
  • 単品購入価格5,500円

アイジャストとブルーベリーアイはどこで買える?

ブルーベリーアイはAmazonや楽天市場からでも購入することができます。
楽天市場でブルーベリーアイを検索

単品購入だと価格はどちらも同じですが、楽天市場は3カ月の定期お届けコース(5,000円)があるので、公式サイトの定期お届けコースより若干お得になっています。

逆にアイジャストは公式サイトからの販売のみとなっています。
公式サイト⇒http://shop.rizap.jp

サクサク
自分の生活習慣と得たい効果によって選んでみてくださいね!

PCやスマホの影響で近視人口が急増中!

数年前まで、視力低下の原因はテレビゲームやPC作業などが一般的でした。

しかし今は、スマホでWEBサイトを見たり、アプリでゲームしたりする人が急増!
近視人口が劇的に増えていることが問題視されています。

国際医学雑誌(オフサルモロジー)では、2050年までに全人類の49.8%、約50億人が近視になるという発表がされました。

2050年の近視人口グラフ

2000年の時点では近視人口が22.8%だったことを考えると、現代人がいかにスマホやパソコンで目を酷使しているかが分かりますね。

近視をそのまま進行させておくと失明にもつながる

実は、強度の近視になると眼球の前後径が伸びて、そのぶん網膜が薄くなる「網膜変性」を起こしてしまいます。

このまま網膜が薄くなると、それだけで失明のリスクもありますし、同じく失明につながる緑内障など、さまざまな合併症を起こしやすくなってしまうんです。

サクサク
実際、中国では失明原因の第2位が「近視」となっています!

スマホのような小さい画面を見続ける行為は、ドライアイに繋がります。
さらにドライアイは眼精疲労に繋がりやすく、眼精疲労はクセになると自覚症状が薄くなって気づきにくくなることも!

サクサク
たかが近視とあなどらず、自分の目をしっかりいたわってあげてくださいね!
公式サイト

アイジャストhttp://shop.rizap.jp

ブルーベリーアイhttps://shop.wakasa.jp/