【2019年最新】ふくらはぎが簡単に鍛えられるオススメのトレーニンググッズまめ

デスクワーク中心の仕事をしていると、どうしても「ふくらはぎ」の筋力は落ちてしまいがち。

でも「ふくらはぎ」の筋トレを毎日続けるのって、日々の仕事で疲れ果てたデスクワーカーには正直しんどいですよね・・・。

そこで活用したいのが「ふくらはぎ」を鍛えられる便利グッズの数々!

サクサク
ふくらはぎのケアグッズはたくさんの種類があるのですが、今回は「ふくらはぎの筋力を上げる、おすすめのトレーニンググッズ」を紹介していきたいと思います。

ふくらはぎのトレーニンググッズにはどんな種類があるの?

ふくらはぎを鍛えられるトレーニンググッズは、大きく4種類に分かれます。

  • エクササイズグッズ
    トレーニングチューブなど。
    安くて手軽な商品が多い。
  • EMS機器
    SIXPADや3D Shaperなど。
    マシン任せで楽々トレーニング。
  • 振動板
    バランスウェーブなど。
    筋トレ&血行促進が可能!
  • トレーニングマシン
    エアロバイクやレッグスライダーなど。
    本格的に鍛えたい方向け。

アスリートのようにふくらはぎを鍛え上げたいなら「エアロバイク」などのトレーニングマシン一択なんですが、デスクワーク等による筋力の低下をふせぐのが目的なら、トレーニングチューブやEMS、振動板でも意外としっかり効果を実感できます。

自分に合ったアイテムを選ぶポイントは?

実は「ふくらはぎ」を含めた下半身の筋肉量は、身体全体の7割を占めます。
そのため腹筋など上半身の筋肉に比べると、格段に筋肉が付きやすいんですね。

しかし、毎回乳酸が出るまでトレーニングするならいざ知らず、楽して鍛えるのが目的となると「毎日継続してトレーニングする」ことが物凄く重要になってきます。

サクサク
限界まで鍛えた場合は「筋肉の回復期間」を設けるのに1日~2日は休んだほうがいいのですが、トレーニングチューブやEMSなど負荷の低いトレーニングの場合は、休みを入れずに毎日やったほうが効果的なんですね。

そのため、毎日少しずつトレーニングをしたい人なら「トレーニングチューブ」や「EMSマシン」、「振動板」。
週に2~3日ほどガッツリ鍛える時間が取れる人は、「エアロバイクやレッグスライダーなどのトレーニングマシン」を選ぶのがおすすめです。

安くて手軽!ふくらはぎのエクササイズグッズ2選

足の指に挟んで簡単にトレーニングできる『LuLuFoot 足指トレーニングチューブ』

LuLuFoot 足指トレーニングチューブ

LuLuFoot 足指トレーニングチューブ

価格:2,480円
(2019年1月30日時点のAmazonの価格)

『LuLuFoot 足指トレーニングチューブ』は、足の指にチューブを挟んで簡単にふくらはぎを鍛えられるエクササイズグッズ。

 

弾力が異なる「ソフトタイプ」と「ハードタイプ」が選べるので、自分の筋力に合わせてトレーニングすることができます。

最大の魅力は、なんといっても価格!
2480円(Amazon)で足の裏からふくらはぎ、もも裏から股関節までバランスよく鍛えられるのは嬉しいですよね。

LuLuFootのふくらはぎトレーニング方法

LuLuFootの特徴

  • 座りながらトレーニング可能
  • 足裏から太もも、股関節までトレーニング可能
  • 「ながらトレーニング」も可能
  • 程よくふくらはぎの筋肉がほぐれて気持ちいい

デメリットとしては・・・

・足の指に挟むため、定期的に水洗いが必要。
・ながらトレーニングは可能だが、片手片足がふさがってしまう。(読書は可能)

といった点が挙げられます。

サクサク
普段運動している方なら「ハードタイプ」がオススメ!
ガッツリ鍛えればちゃんと筋肉痛にもなるので、効果抜群です。

両手が自由に使えるエクササイズグッズ『脚トレーナーヒラメくん』

脚トレーナーヒラメくん

琉子式 健脚トレーナーヒラメくん

価格:2,802円
(2019年1月30日時点のAmazonの価格)

脚トレーナーヒラメくんは、膝上にチューブを挟んでトレーニングするエクササイズグッズ。

 

上で紹介したフロッグハンドと違い、両手が自由になるのが特徴です。

一応、定価は20,000円なのですが、Amazonなら2,802円という破格の値段で特売されています。

健脚トレーナーヒラメくんの特徴

  • チューブを挟んで足を上下運動し、ふくらはぎを鍛える
  • 筋力に応じてチューブの弾力が調節できる
  • 立ち上がって使えば、二の腕の弛みトレーニングも可能

YouTubeに使用動画がアップされていました。

とにかく楽チン!ふくらはぎが鍛えられるEMSマシン2選

ジェルシートが無いから続けやすい!『SIXPADフットフィット』

SIXPADフットフィット

SIXPADフットフィット

価格:39,800円
(2019年1月30日時点のAmazonの価格)

SIXPADのフットフィットは、足裏からふくらはぎまで「歩行を支える筋肉」を効率的に鍛えられるEMSマシン。

 

最大の魅力は、なんといっても「ジェルシート無しで使える!」点です。

大抵のEMS機器は専用のジェルシートが消耗品として必要なんですが、フットフィットはジェルシートを貼らなくても使用できちゃうんですね。

しかもふくらはぎだけじゃなく、足裏までトレーニング可能!
現時点で最強の「ふくらはぎ用EMS」と言っても過言じゃありません。

SIXPADフットフィットの使用イメージ

フットフィットの特徴まとめ

  • トレーニングはマシンにおまかせ!
  • 筋トレに最適な20Hzという周波数で効率よく鍛えられる
  • ながら作業がしやすい
  • ジェルシートが必要なし!買い切りで使える
  • 手入れもカンタン!乾いた布で拭くだけ

デメリットとしては・・・

・値段が高い
・トレーニング時間が長い(1回23分)
・電池交換が必要(ボタン電池式)
・1日1回までしか使用できない

といった点が挙げられます。

サクサク
フットフィットは足裏の水分が足りないと刺激が伝わりにくくなってしまうため、お風呂上がりに使用するのがベスト!もしくは、濡れタオルで湿らせればいつでも使えます。

ふくらはぎだけじゃなく、二の腕や太ももまで鍛えられる『ライザップ3D Shaper(3D Spot)』

3D Shaperの3D Spot

3D Shaper『3D Spot』

価格:19,800円
(2019年1月時点でAmazonの取扱いなし)

「3D Spot」は、ライザップから発売されたEMSマシン「3D Shaper」の新アイテム。

 

腹筋専用の「3D Core」と違い、二の腕やふともも、ふくらはぎにウエストまで鍛えられる万能EMSとなっています。

SIXPADのボディフィットではふくらはぎを鍛えることは出来なかったのですが、3D Spotは「ふくらはぎ」まで鍛えられるように設計されているのが最大の特徴です。

3D Spotで鍛えられる場所

3D Shaper(3D Spot)の特徴

  • ふくらはぎだけじゃなく、二の腕からウエスト、ふとももまで鍛えることができる。
  • SIXPADよりトレーニング時間が短い(10分~16分)
  • 1日2回までトレーニング可能
  • ジェルシートが他のEMSに比べて安い!(まとめ買いした場合)
  • SIXPADより刺激が緩やか。普段運動していない人でも使いやすい。

デメリットとしては・・・

・値段が高い
・電池交換が必要

といった点が挙げられます。

3D Shaperはもともと女性のクビレにコミットするために作られたEMSなので、女性や運動不足の人が使うには最適な商品。

そのため、男性が本格的にトレーニングする場合はパワー不足が否めません。

サクサク
逆に、女性がふくらはぎ以外も鍛えたい場合には打ってつけのEMSマシンに仕上がっています。
ライザップのEMS「3D Shaper」と「SIXPAD」の違いって何?効果と性能を比較してみました

ブルブルしながら筋トレ&血行促進!「振動板」でふくらはぎも鍛える

上下左右に肉が揺れる振動板『アルインコ 3D振動マシンバランスウェーブ』

アルインコのバランスウェーブ

3D振動マシン バランスウェーブ

価格:39,800円
(2019年1月30日時点のAmazonの価格)

振動板は「お肉が揺れるから鍛えられる」のではなく、高速振動によって全身の細部に負荷をかけ、リンパや血液の循環機能を高めるのが目的のマシン。

 

また、不安定な場所で運動することで通常よりカロリー消費を促す効果も期待できます。(バンド付きなので上半身運動も可能)

 

ふくらはぎだけじゃなく、背中の贅肉までブルブル震えるのは快感!
10分乗っていると、想像以上に体がポカポカ温まりますよ。

バランスウェーブの特徴

バランスウェーブの特徴

  • 血流改善アップで「むくみ」が取れる
  • お腹周り、太もも、二の腕にも効く
  • ふくはらぎを鍛えたい場合は、振動板の上でかかとを少し上げると効果的。
  • ふくらはぎを振動板に乗せれば、むくみケアもできる。

デメリットとしては・・・

・過度なダイエット効果はない
・長時間の連続使用ができない(最大10分)

といった点が挙げられます。

また、2万円以下の振動板はコンパクトで収納も便利なのですが、足幅が狭くて揺れの負荷が調整できないというデメリットが・・・。

また、細かな振動が背中まで感じにくいので満足感は低めです。

サクサク
その点、アルインコのバランスウェーブは台が平面で足を開いてもふらつきにくいのが特徴。
また、横幅が広いのでスクワットなどもしやすいです。

ガッツリ鍛えるならコレ!ふくらはぎが鍛えられるトレーニングマシン2選

想像以上に下半身が鍛えられる『レッグマジックX』

レッグマジックX

レッグマジックX

価格:10,080円
(2019年1月30日時点のAmazonの価格)

レッグマジックXは想像以上に下半身の筋力を使うため、他のトレーニング機器と比べて格段に脚の筋力を鍛えることができます。

 

どちらかというと「ふともも」と「ヒップ」に重点を置いている商品なので、ふくらはぎを鍛えたい場合は「つま先立ち」すると効果的。

単純な構造ではあるのですが、受ける負荷が高く、下半身の引き締め効果は抜群です。

レッグマジックXの使用イメージ

レッグマジックXの特徴

  • 下半身の筋トレ効果が圧倒的!
  • トレーニング時間が1セット60秒と短い
  • 折りたためるから収納がコンパクト

デメリットとしては・・・

・慣れるまで結構キツイ(60秒持たないことも)
・音が少しうるさい

といった点が挙げられます。

サクサク
「筋トレは裏切らない!」という名言があるように、これくらいの負荷で筋トレすれば確実に筋力がアップします。また、下半身の筋力が付くと「基礎代謝が上がって太りにくくなる」というメリットも!

圧倒的シェアを誇るアルインコの『エアロマグネティックバイク』

エアロマグネティックバイク

ALINCO エアロマグネティックバイク

価格:20,990円
(2019年1月30日時点のAmazonの価格)

シンプルな機能を搭載したエアロバイクのスタンダードモデル。

 

大型液晶搭載で表示が見やすく、ペダルの負荷は8段階で調節できます。
ハンドルやサドルもしっかり調節できるので、自分に合った位置で効果的な運動が可能です。

 

エアロバイクはペダルを踏むとき「ふくらはぎ」にも力が入るのですが、かかとで深く踏んでしまうと上手くふくらはぎの筋力を使うことができません。
ふくらはぎを集中的に鍛えたい場合は、足の付け根で踏み込むのがポイントです。

エアロマグネティックバイクの機能

エアロバイクの特徴

  • シンプル機能で値段が手ごろ
  • カロリーに心拍数、体力評価測定もできる
  • ふくらはぎのトレーニングだけでなく、持久力のアップにも最適
  • 意外と静音

デメリットとしては・・・

・収納場所が必要(サイズ:高124×幅51.5cm×奥81cm)
・重いので移動が大変(約24kg)
・連続使用は1度に30分まで。

といった点が挙げられます。

サクサク
デメリットも多いですが、エアロバイクはストレス解消にもピッタリです!