強迫性障害に適したパワーストーンってなに?

正直、強迫性障害はパワーストーンだけで改善するものではありません。
根本から治療するには「曝露反応妨害法」という強迫観念を我慢するトレーニングが必要不可欠です。

でもいろいろ試してきて分かったことが1つあります。

普段身に付けているだけでは効果を感じずらいパワーストーンも、マインドフルネス瞑想をしているときに身に付けておくと、精神が安定して強迫観念を受け流しやすくなるんです。

強迫性障害の改善にパワーストーンを活用する場合は、是非マインドフルネス瞑想も一緒に実践してみてください。

とはいえ、パワーストーンの種類は100種類以上にも及ぶため、どれを選べばよいのか分からないという方も多いと思います。

そこで今回は、強迫性障害と相性の良いパワーストーンをいくつか紹介したいと思います。

スモーキークォーツ(強迫観念を払うパワーストーン)

スモーキークォーツ

パワーストーンの中で最も強迫観念を払う力が強いのが「スモーキークォーツ」です。

スモーキークォーツは水晶の中で最も身体と大地とのエネルギーを繋げる力に適した石であり、心身を安定させ、持ち主の精神を安定した方向へ導き、恐怖や不安の解消に役立ちます。

他人の悪想念や、霊的、環境的マイナスエネルギーから持ち主を守る石で、邪気払いのお守りとしてもおすすめです。

  • 地に足を付け、心身のバランスをとりたい
  • 自然体の自分になりたい
  • 感情の高ぶりや怒りを抑えたい

といった力があるため、「強迫観念に振り回されて本当にやりたいことが出来ない!」と悩んでいる人には打ってつけの石となっています。

スモーキークォーツってどんな石?

和名を煙水晶(茶水晶)といい、水晶中に含まれた微量のアルミニウムが自然の放射線を受けることで茶色に変色したものです。

水晶の中ではやや地味にみられる傾向がありますが、本当に美しい天然の原石は引き込まれそうな上品で深い魅力を持っています。

スモーキークォーツの特性

  • 強迫観念を払いのける
  • 精神の安定
  • 恐怖や不安の解消
  • 身体の癒し
  • マイナスエネルギーをポジティブに変換

質の良いスモーキークォーツを選ぶコツ

天然のスモーキークォーツにはかなりパワフルなものも多く、クセが強く人を選ぶものもあります。
しかし、一般的に流通しているのはほとんどが照射処理されたものなので、クセが少なく、ほとんどの人に使っていただける石です。

天然のものと比べて照射処理されたスモーキークォーツもエネルギー特性はほぼ同じなのですが、力が薄まっている感はあります。本格的に石と向き合いたい方は物足りないかと思いますので、天然の良質な原石に近いものを身に付けることをおすすめします。

モルダバイト(初めて効果を実感できたパワーストーン)

僕がパワーストーンに興味を持ち始めるキッカケとなったのがモルダバイトでした。

モルダバイトを初めて触ったとき、本当に湯あたりした時のような、頭の中がグワングワンとこねくり回される感覚におちいったのを覚えています。

これをきっかけに、「もしかしてパワーストーンって本当にスゴイのかも?」と興味を持ち始めたわけです。

実際この石の力は本当に強く、瞑想するとき以外でも自身の変化を感じられた唯一のパワーストーンといっても過言ではありません。

身に付けたまま瞑想すると頭がこねくり返されるような感覚に陥り、普段より深い瞑想状態に入ることができます。

モルダバイトってどんな石?

モルダバイトは隕石が落下した際に起こる膨大な熱量と衝撃によって、地上の物質と隕石の成分が融解し、形成された天然ガラスです。

数ある石の中でも最高のパワーストーンの1つとされており、慣れない人が持つと湯あたりのような状態になることがあります。

これはモルダバイトが脳波のデルタ波に影響を与えるからだと言われているのですが、実際にモルダバイトを身に付けて瞑想をすると、「いつもより深い瞑想状態に入れる!」ことが多いです。

瞑想によって脳波は次のように変わっていくのですが、モルダバイトを身に付けることによって一気にデルタ波の状態に近づくため、通常よりはるかに集中しやすくなるのだと考えられています。

  1. ベータ波(一般的な活動状態)
  2. アルファ波(リラックス状態)
  3. シータ波(まどろみや瞑想状態)
  4. デルタ波(昏睡状態)

宇宙的なルーツを持つ石ですが、自分がここに生まれてきた意味に触れる石、魂のルーツに触れるように働く石でもあります。

それはカルマと深い関わりがあり、前世から持ち越された問題を浄化するために働き、意識の進化を促します。

モルダバイトの特性

  • 潜在的な問題を顕在化させる
  • 幸運と豊穣のお守り
  • 意識の進化
  • 強力な癒し
  • カルマを解消する助け
  • 前世の記憶に繋がる
  • 繁栄
  • 霊的成長

モルダバイトを選ぶコツ

非常に強い力を持ったモルダバイトですが、数あるパワーストーンの中でも圧倒的に値段が高いのが難点。

ブレスレットの状態で購入すると30万円以上してしまうため、ばら売りのビーズや手のひらサイズの原石などから始めたほうが無難です。

パワーストーンを使った瞑想の仕方

僕は朝と夜に10分くらいずつマインドフルネス瞑想をやっているのですが、パワーストーンを使っているのは主に夜の瞑想時です。

やり方は簡単で、仰向けになって額の上にパワーストーンを置いて瞑想するだけです。(他人が見るとめっちゃ怪しい人ですね・・・)

でもこうすると、普段よりずっと瞑想状態に入るのが早くなるんです。

特にモルダバイトの効果は半端なく、ほぼ確実に深い瞑想状態に入ることができます。

マインドフルネス瞑想を続けていくと強迫観念を振り払う精神力が身に付いてくるので、強迫性障害を根本から改善するのにとても役立ちます。

強迫性障害の人はパワーストーンにこだわりすぎちゃダメ!

強迫性障害の特徴として、神聖な場所や物を守りたい気持ちが強くなると、症状が悪化してくる傾向があります。

そのため、パワーストーンを神聖なものとか、汚しちゃいけないものと考えてしまうのはアウトです。
逆に結構雑に扱ったほうが良いです。

洗浄恐怖の強い方は、間違っても「手をよく洗ってからパワーストーンに触る」なんてやっちゃダメですよ。
パワーストーンを聖域と認識してしまうと新しい強迫観念が増えてしまうだけで、何の解決にもなりません。

また、効果を期待しすぎるのも禁物で、パワーストーンは自分が強迫観念に打ち勝つサポート的な役割だという認識をしっかり持ちましょう。

もう一度言いますが、強迫性障害はパワーストーンだけで治るものではありません。
パワーストーンに頼り切るのではなく、自分自身が行動しなければ治らないという認識をしっかり持つことが大事です。

それを踏まえてマインドフルネス瞑想を行うと、強迫観念や固定観念にとらわれない自然体の自分に近づくことができるようになってきますよ。