妻のダイエット失敗談「ロデオボーイ」編

サクサク
こんにちわ、サクサクです。

「ロデオボーイ」って覚えてますか?

座って揺れるだけでフィットネス効果が得られるという、夢の乗馬マシーンです。

一時期、爆発的に流行りましたよね。

2005年から2006年の2年間は乗馬フィットネス機器の最盛期といわれており、ロデオボーイやパナソニックのジョーバなどを含めると、合計100万台を超える市場規模となっていたそうです。

 

で、うちの妻も流行に漏れずロデオボーイⅡを購入しました。

ロデオボーイで妻はダイエットできるのか!?

そしていよいよ待望のロデオボーイがAmazonから到着したわけですが、これ、結構デカいんですよね。しかも重い!

でもそんな事は事前に仕様表をチェックして想定済!驚きはしないぜ!
リビングの端っこにロデオボーイをセッティングし、いざ出陣!

妻「キャーー!何これ!?スゴイスゴイ、楽しい~♪」

ロデオボーイの暴れっぷりに、ご満悦な妻。

サクサク
めっちゃ喜んでるじゃん!しかもめっちゃ腰に力入ってるし、効くんじゃないの、コレ?

しかし、そんな淡い期待は数日後、見事に打ち砕かれることになります・・・。

え?ロデオボーイもうやめちゃったの?

ロデオボーイを購入して一週間が過ぎた頃から、早くも妻がロデオボーイに乗らなくなってきたような気がしたので、理由を聞いてみたわけです。そしたら・・・

 

妻「これ、最初は楽しかったんだけど、長く乗ってるとお尻の骨が痛くなってくるんだよね。」

 

ええー!?マジで?買ってからまだ一週間だよ?もうやめちゃうの?勘弁してくださいマジで。

と心の中で思ったのは言うまでもありませんが、お尻の骨が痛くなるんじゃ仕方ない。でもホントに痛くなるのか?と思い、僕自身も検証を兼ねて数日間使ってみたところ・・・

サクサク
・・・うん。痛いねコレは。おしりの骨がイタイ。

1日目はなんともなかったものの、2日、3日と続けていると、尻の骨がじんじんダメージを蓄積しているのが分かります。

脂肪を燃焼するには1時間以上乗ってないとダメみたいだけど、15分乗るだけで、もうイライラして乗ってられない。

妻よ、疑ってすまなかった。

 

そんな訳で、以降ロデオボーイは我が家に遊びに来たお客さんを楽しませる「エンターテイメントマシーン」と化したのですが、そのうちお客さんにさえ見向きもされなくなり、ドナドナの子牛が如くオフハウスへと売りに出されることとなりました。(チーン)

ロデオボーイでのダイエット失敗に学ぶ反省点

ロデオボーイの欠点、それは僕ら夫婦のようにお尻の骨が痛くなるっていうのもありますが、最大の欠点は何といっても「脂肪を燃焼させるには1時間以上乗ってないといけない」ことです。

買ったばかりの頃は物珍しさやテンションが上がっているのもあって長時間の乗馬も可能ですが、慣れてくると1時間乗り続けるのは非常にストレスを感じます。

 

更にいうと、ロデオボーイに乗ってる間って、出来ることが極端に少ないんですよ。

激しく揺れてるからテレビは集中して見れませんし、振動音が気になって音も良く聞こえません。
本を読むのも無理ですし、スマホの画面もぶれちゃって見れません。

つまり、ロデオボーイってながら作業ができないんですよね。

エクササイズやウォーキングなら、自分から積極的に動く必要があるので「ながら作業」が出来なくても気にならないのですが、ロデオボーイのように受け身的な運動の場合、「ながら作業」が出来ないと1時間が果てしなく長い時間に思えてきます。

 

こんな理由から、たとえ尻の骨が痛くならなくても、僕ら夫婦はロデオボーイに乗り続けることは出来なかったと思います。

受け身的なフィットネス器具を購入する場合は「ながら作業ができるかどうか」も重要なポイントの1つになるので、家電量販店などで実際に試してから買うことをオススメします。

【新型SIXPAD】レッグベルトを6カ月使ってみた感想!【体験談】