mineo(マイネオ)は栃木県でも快適に使えるのか?ドコモから変更してみました

僕はこれまで20年くらい「ドコモ」を使い続けてきたんですが、夫婦で月14,000円越えの通信費って、やっぱり痛いんですよね。

20年近く使ってきたのに、割引率はスズメの涙ほどしかありませんし・・・。

サクサク
というわけで、学生以来ずっと使ってきたドコモの解約を決意!
格安SIMの中でも評判の良い『mineo(マイネオ)』に変更してみることにしました!
mineoの資料

栃木県でもmineo(マイネオ)は使えるのか?

たまに勘違いされている方がいるのですが、格安SIMは『PHS』とは全くの別物!
栃木県でもガンガン繋がります。(電波強度はドコモやauと同じ)

アステルの写真

僕が当時使っていたアステルのPHS。

サクサク
僕も昔PHSを使っていましたが、栃木県じゃほとんど使い物にならなかった・・・。

でも、格安SIMはドコモやauの回線を間借りしているだけなので、対象エリアや電波の強さはまったく同じ!

ドコモだろうとマイネオだろうと、繋がるエリアは変わりません。
僕も実際に使うまでは不安でしたが、電波強度については何の心配もなかったです。

実際、宇都宮や小山市などの都市部だけでなく、鹿沼や日光、那須などのエリアもドコモ時代と同じような電波強度でつながっていました。

もちろん、佐野アウトレットのような人が密集している場所でも問題なく使えます。

佐野アウトレット
サクサク
マイネオに切り替えてから6カ月が経ちますが、「ドコモと比べて電波が繋がりにくくなった」と感じたことは一度もありませんでした。

ただし、「通信速度」は遅いです。
この辺についてちょっとお話していきますね。

mineoの通信速度は栃木県でも早い?

格安SIM最大のデメリットが「通信速度の遅さ」。
対象エリアや電波強度が同じでも、通信速度はドコモやauに敵わないんです。

とはいっても、体感的な影響が出るのは利用者が集中する「平日のお昼時」のみ。
正確には平日の12:00~13:00の1時間くらい・・・だったんですけどね。

サクサク
ここ最近、加入者数がどっと増えたせいか、平日の昼間以外でも、通信速度が遅くなってる気がします!

ちょっと前までは・・・

  • マイネオ安い!
  • マイネオ早い!
  • マイネオ最高!

って状態だったんですが、正直今は、もろ手を挙げて「マイネオ最高」とは言えない感じ。

我が家のように家に帰ると「Wi-Fi接続」しちゃう人ならあんまりストレスは感じないんですけど、家でも外でもマイネオ一本で通信したい人は注意が必要です。

栃木で計測したマイネオの通信速度

ただ、遅くなったといってもWEB閲覧ができないほどの速度ではありません。
速度が遅くなる平日の昼間以外では、普通にストレスなく見れています。

サクサク
参考までに「速度チェッカーアプリ」で平日の12:30と13:30頃に計測した画像を貼っておきますね↓
マイネオの速度計測結果

12:30~12:40分の間はホントに遅い

時間によって速度が全然違いますよね・・・。
12:30の時点では速度が1Mbps程度しか出ていませんでした。

でも、13:30を過ぎると速度不足が一気に解消!
全くストレスを感じないくらいまで、速度が復活してきます。

サクサク
というわけで、マイネオの速度が一番遅くなる「平日の昼間」は、Youtubeを見たり、dマガジンを見るのは非常に厳しいです。
マイネオ公式サイトhttp://mineo.jp

追記!

現在、マイネオに変更してから6カ月が経ったのですが、「平日の昼間」以外でも速度が遅くなってきている気がしますね。

加入者が一気に増えて、回線の負荷が上がってしまったのが原因だと思うのですが、夕方5時~6時くらいのスピードが明らかに低下しています。

軽いWEBサイトを開くのに5秒くらい。重いWEBサイトだと15秒くらいかかるときがあります。

サクサク
家にWi-Fiが繋がっていない人は、速度に定評のある『UQモバイル』のほうがストレスが少ないかも。

mineoにすると電話料金は高くなるの?

ドコモの場合、月額使用料2,700円のカケホーダイプランなら誰に何分かけても通話料がかかりませんでした。

これは普段電話を頻繁に使う方にとっては、非常に多きなメリットですよね。

サクサク
僕も「定額かけ放題」があるために、今まで格安SIMに変更するのをためらっていました・・・。

でもマイネオにして通話料が高くなったかというと、そんなことはありませんでした。

友人や知人とは「LINE通話」で済んじゃいますし、お店や病院の予約など、固定電話に掛ける場合は『ララコール』というサービスを使えば、3分8円でかけることができるんです。

ララコール

ただし、ララコールには「通話品質が高くない」というデメリットもあります。
電波状況が悪いと相手の声が途切れてしまうことがあるんですね。

サクサク
『mineo電話』なら品質もキャリアと変わらないので、用途に応じた使い分けが必要になってきます!

ドコモからマイネオにして料金はどうなったか?

mineoの資料

というわけでドコモからマイネオに変更したわけですが、料金がどう変わったかというと・・・。

ドコモ時代の料金

●カケホーダイプラン(2,700円)
●データMパック(5,000円)
●spモード使用料(300円)
●ケータイ補償(500円)
●ずっとドコモ割(ー800円)

合計:7,700円

マイネオの料金

●ドコモDプラン3GBデュアルタイプ(1,600円)
●ララコール使用料(100円)
●通話料(100円)

合計1,800円

半額どころか1/4以下になりました。

妻との合計でも3,600円ちょいなので、二人分でもドコモの半額程度です。

サクサク
デメリットもありますが、格安SIMの価格に慣れてしまうと、もうキャリアには戻れません!
マイネオ公式サイトhttp://mineo.jp

このブログを書いている人

サクサク&サク子


栃木県の地方都市でWEB系の個人事業主をやってます。

ブラック企業で働いていた時に悪化した強迫性障害をなんとか克服し、子育てに悪戦苦闘する毎日。

このブログでは、そんな僕たち夫婦のリアルガチな体験記事を中心に、気になる情報を分かりやすく紹介しています。