妻のダイエット失敗談「ザ・トレーシー・メソッド」編

サクサク
こんにちわ、サクサクです。

「ザ・トレーシー・メソッド」ってご存知ですか?

マドンナ、グウィネス・パルトロウのパーソナルトレーナーとして有名な方で、ダンスの動きで補助筋を鍛え、しなやかで女性らしい体を目指すエクササイズDVDです。

キャッチコピーは、「誰でも美しいダンサータイプの身体を手に入れることができる、エクササイズの決定版!」

 

うっそ?マジで誰でもなれんの?

サクサク
そりゃ、うちの妻も買うって話ですよ!

ザ・トレーシー・メソッドでうちの嫁はダイエットできたのか?

なんかね、エクササイズの中に、「イスにもたれかかる動き」があるそうなんですよ。

でもうちって台所にしかイスがないんですよ。

 

いちいち持ってくるの、面倒くさくなって、やめちゃったらしいですよ!

ザ・トレーシー・メソッドの失敗に学ぶ反省点

まず、DVDを見ながら運動する「エクササイズ系ダイエット」というのが妻には向いてません。
ええ、致命的に向いてない。

長時間キツイ運動をしないといけないのも大きな理由ではありますが、妻の話を聞くと、どうやらエクササイズ系ダイエットが続かない理由は他にもあるみたいです。

その理由とは、「エクササイズを始めるまでの準備が多すぎて、挫折してしまう」というものらしい。

具体的にはこんな感じです↓

  1. まず運動できる服に着替えなければならない。
  2. DVDを見ながら運動できるように、テーブルやイスを移動して場所を確保しなければならない。
  3. DVDをプレイヤーにセットして再生しなければならない。
  4. エクササイズによっては道具を用意しなければならない。
  5. 脂肪を燃焼するには、1時間以上まとまった時間を確保しなければならない。

どうでしょう?

「必ず痩せてやる!」っていう強い意志をもった女性なら、こんなコト面倒くさいとも思わないんでしょうが、うちのような「ダイエットに対するモチベーションがナイーブな女性」にとっては、気持ちが折れるポイントが多いこと多いこと・・・。

機械音痴の妻には、③の「DVDプレイヤーにセットしなければならない」ことすら億劫に感じるみたいですよ(笑)

というか、うちの妻の場合、ダイエットを始めるまでに3つ以上の準備が必要になってくると「やる気が失せてくる」のだとか。

 

・・・も、もうダイエットなんて無理なんじゃ?(あきらめちゃダメ!)

家事を含めた生活リズムを狂わせないダイエットじゃないと長続きしない

基本的に、エクササイズなどの運動系で痩せようとすると、1時間以上の有酸素運動が必要になってきます。

そうなると、「エクササイズのために1時間以上、誰にも邪魔されずに集中して運動する時間が取れる!」という生活スタイルで過ごしている女性じゃないと、毎日やり続けるのはしんどいわけです。

最初のうちは「痩せたいから何とか時間を作るぞ!」と頑張れても、だんだんと「今からエクササイズするとアレやコレが出来なくなっちゃうんだよなぁ・・・。」というふうに、エクササイズが出来ない理由を探し始めちゃうんだと思います。

要は、奥さんの生活スタイルや生活リズムを邪魔しないダイエット方法を探すことが重要になってくるわけですね。