有酸素運動の罠!女性も筋力をつけないとダイエットに成功しない!

女性向けのダイエットって、「有酸素運動をしないと脂肪が燃焼しないからダメ!」っていう風潮がありますよね。

でも実は、有酸素運動だけやっていると逆に痩せにくい身体になってしまうってご存知でしたか?

今回は多くの女性が勘違いしている「有酸素運動の罠」について説明しますね。

有酸素運動だけやってると基礎代謝が減って太りやすくなる

なぜ有酸素運動だけやっていると痩せにくくなるのか?

それは、基礎代謝というものが関係してきます。

基礎代謝とは?

基礎代謝とは「何もしてなくても消費するエネルギー」の事で、1日に消費するエネルギーの実に6~7割がこの「基礎代謝」によるもの。

つまり基礎代謝が増えると、何もしなくても消費するカロリーが増えて痩せやすくなる。逆に基礎代謝が少なくなると、同じ量のご飯を食べていても太りやすくなる、という事ですね。

なぜ有酸素運動だけしていると基礎代謝が少なくなるのか?

「有酸素運動」で基礎代謝が少なくなってしまう流れを、簡単に説明しますね。

基礎代謝が少なくなる流れ
  1. 有酸素運動(ランニング・ウォーキング・スイミング等)を続ける
  2. ダイエット効果を上げるため、食事を減らす
  3. 体重が減る!
  4. 食事を減らした事でエネルギーが足りなくなるので、「筋肉からエネルギーを絞り出す」
  5. 徐々に筋肉が落ちていく・・・。
  6. 筋肉が減って体重が減る!
  7. 筋肉は基礎代謝の20%を担っているので、自然に基礎代謝が減る。
  8. 基礎代謝が減った分、太りやすくなる。
  9. そのため、有酸素運動をやめたり食事を増やすと簡単に太る。

このように、有酸素運動を始めて食事を減らすようになると、確かに体重は減っていきます。
すると、「効果が出た!」と思って嬉しくなりますよね。

 

これが有酸素運動の罠です。

 

大抵の女性って、ある程度やせてくるとダイエット(ここでは有酸素運動)をやめてしまいます。

しかし最終的に残るのは、「痩せたけど、基礎代謝が少なくなって太りやすくなった自分」というわけです。

 

もちろん、食事の量を減らさなければ筋肉が落ちるのは防げますが、運動で消費するカロリーは基礎代謝に比べて非常に少ないので、かなりストイックに続けなければ、有酸素運動によるダイエット効果はあまり期待できません。

なぜ男性より女性の方がダイエットに苦労するのか?

男性がダイエットする理由って、ただ単に痩せたいだけじゃないことが多いです。

例えば、筋肉を付けて、逞しくなって、腹筋を割って、カッコいい身体になりたい!っていうのが前提にあります。

そう!男性の場合はダイエットの過程で筋力を落とさない事が多いんです。(むしろ増やす事を目的にしている)

だから自然に基礎代謝が上がって、太りにくい体質になっているわけですね。

 

女性の場合、毎年のように新しいエクササイズやダンス系のダイエットが流行りますが、男性がダイエットする手段って、10年前から変わってませんよね。

男性はキツイ筋トレをして基礎代謝を上げる事が出来るから、新しいダイエット法なんて必要ないってわけです。

でも女性でキツイ筋トレが出来る方なんてほとんどいませんよね。

だからあの手この手で、いろんなダイエット方法が生み出されていくんです。(そのほとんどが、「基礎代謝を増やす」のではなく、「減らしてしまう」というのが問題なんですが)

ライザップに通う女性がダイエットに成功している理由

ライザップのトレーニング

今や飛ぶ鳥を落とす勢いで急成長を遂げている「ライザップ」

このライザップのトレーニングって、めちゃくちゃキツイ事で有名です。
それは男性だけじゃなく、女性の場合も同様。

自分ひとりでは追い込めない領域まで追い込んでトレーニングするからこそ、速筋が猛烈に鍛えられ、基礎代謝がグンとアップし、太りにくい体質を作っているんです。

更に徹底した食事管理と糖質制限によって、基礎代謝は増やすけど、筋力は落とさないという完璧な高代謝体質を作っているんだから、痩せない訳がありません。

【体験談】ライザップ宇都宮店に通ってみた感想と口コミ情報の「嘘と本当」